コットンフィールを通して、観に来てくれた方々・応援してくれる方々に
明日を生きる希望が持てますように。
 
「何かをやりたい!」という初動が核となり、
それが周りの人間やお客さんを取り込んで大きな波となる。
  
その大きな波はそれぞれの「明日を生きる糧」となり、
皆に必要不可欠なものとなるのだと思います。
 
"皆の明日という一日が待ち望んだ日"になりますように。
 
 
 
 
 
音楽の歴史の一つである綿花(コットン)の栽培。
往年のサウンド風味(フィール)を音に乗せて
都内を中心に活動中!!
 

ライブのご予約はコチラ

出演のご依頼はコチラ